Light Fantasia

オウカという国には各国から腕自慢が揃う冒険者組合がある。
 名(迷)物補佐官でありながら冒険者でもあるファニィ、美貌の怪力美女ジュラフィス、
健気で超天才児のコートニス、生真面目で世話やき基質のタスク。
 凸凹四人組が織りなすハチャメチャファンタジー!


なろう版

     ファニィ・ラドラム

 あたしの目の前には、褐色の肌の青年。
 歳はあたしよりちょっと上っぽくて、黒い髪に黒い瞳。そして右頬には変な模様の刺青がある。この特徴は東の魔法国家・ジーン出身者に多く見られるもの。
 ジーンは女王を中心とした魔法による統治国家で、国民のほとんどが魔法使い。きっと彼も魔法使いなんだろう。
 だって魔法使いが好んで身に着けるような、ヒラヒラしたショールみたいなのを肩に引っ掛けてるし、腰からはスカートみたいな布がくっついてるから。でもその下に着ているものは、足元や胴回りが体にぴったりしてるから、それほど動きにくそうには見えない。あと魔法使いっぽい石の付いた杖。これ、典型的な魔法使いの特徴ね。

「我が組合に志願した理由を聞かせてもらおうか」
 あたしの隣でお髭の渋いオジサマが彼に声を掛ける。
 このオジサマは東西南北、各国家を結ぶ中央都市・オウカが誇る冒険者組合の総元締めで、あたしの養父でもある。

 冒険者組合っていうのは、有り体に言っちゃえば『何でも請け負い屋』の事。危険なお宝探しから、ご近所の子犬の散歩まで、どんな仕事でも、報酬と引き換えに依頼を請け負う便利屋集団というかギルドのようなもの。事実、各国の要人からもわざわざ依頼があるほど重宝されている。
 あたしはというと、元締めの養女ではあるものの、この組合の元締め代行、いわゆる補佐官という大役を任されている。つまり元締めが留守中の組合の元締め代行をしたり、元締めがいる時はその補佐をしたり。

 今やってるのは、新しい組合員の加入のための面接補佐。
 組合の面接は、それこそ「組合に入れてください!」って要望があれば即その場で面接になる場合が多いので、日常茶飯事と言えば日常茶飯事。テストがある訳じゃないけど、誰も彼も合格するような簡単なものでもなく、この面接で適正をちゃんと見極めるのが元締めと補佐官であるあたしの重大な仕事。
 だって適正のない人をノリと勢いで組合に入れちゃって、もしその人が事故で死んじゃったりしたら、せっかくここまで大きくさせてきた組合の世間での印象は悪くなっちゃうし、信用だってなくなっちゃうじゃない? だから一応は申し込みの時に、誓約書に目を通させてサインを書かせる訳。
『組合の規律を守ります』『死んでも文句言いません』みたいなやつ。
 この誓約書の時点で、軽い気持ちで申し込んできた人はビビッてゴメンナサイして帰っちゃうから、組合にはちゃんと役に立つ人間が残るというシステム。
 騙してないし脅してもないよ。組合の仕事が場合によっては凄く危険なのはホントの事だから。

「このオウカでは、魔法使いは珍しいと聞きました。自分は未熟な修行中の身ではありますが、自分自身への鍛錬を兼ねて何かお役に立てればと」

 あ、面接中だったの忘れてた。集中集中!
 彼はいかにも模範ですって回答をして、じっと元締めを見つめている。回答は完璧に模範解答みたいだけど、軽い気持ちで組合に来たって訳でもなさそうね。
「君はジーン出身だったね。ジーンでは若者が魔法修行の旅に出る時期があると言うが、君はその旅の途中では?」
「あ、えっと……それも、あります」
 元締めが手元の羊皮紙、彼が書いた誓約書の中にある出身国の項目を指先でなぞりながら問い掛けると、彼は急にしどろもどろになった。
 ん? なんで口籠るかな?
 元締めもそれに気付いたらしい。
「……何か隠しているね?」
 鋭く問い詰めると、彼は小さく視線を逸らし、口元に手をやる。そして観念したように息を吐き出してから、またこちらを向いた。

「すみません。その……俺、じゃない。自分は家出中なんです。仕事を探さないと食い繋ぐ事も難しくなってしまって……」

 家出というキーワードに、元締めがあたしの方を向く。そしてクックッと笑い出した。
あーあ、ツボに入っちゃったよ。元締めって一見強面だけど実は笑い上戸なのよね。
こうなってしまっては、元締めの笑いのツボが治まるまでは、面接の続きはまともにできない。そこで補佐官であるあたしの出番。

「オウカで魔法使いは確かに珍しいわ。組合にも何人か魔法使いを名乗る人はいるけど、魔物相手の実戦なんかで役に立つような実力者はほとんどいないの。君の実力ってどの程度のものなの?」
 あたしの隣でひたすら笑い続けている元締めを不思議そうに見つめ、彼は小さく咳払いをしてあたしの方に向き直る。
「畑を荒らす子鬼など、低級魔族に属する程度の魔物でしたら一人でも退治はできます。もっと高等知能を持った魔族なんかになると、さすがにちょっと一人では無理ですが」
「魔物退治はそこそこって訳ね。じゃあ盗賊とかそういった悪党相手だったら? 盗賊の捕縛とか、そういった依頼もウチでは結構あるわ」
「相手を殺さずダメージを与える事はできるか、という意味ですか? 火炎魔法の微調整ならそれなりに自信はあります」
 あたしもそんなに詳しい訳じゃないけど、魔法使いっていうのは、物質を構成する四大元素ってものを操って、魔法という見える力に具現化するっていう理論を聞いた事がある。彼は今、火炎がどうのって言ったから、彼の得意とする魔法は炎の魔法って事でいいのかな?

「はっ、はははっ! いいだろう。魔法使い君。組合への加入を許可しよう」
 やっと笑い地獄から脱し……切れてないけど、脱しつつある元締めが、目尻の涙を拭ってゴーサインを出した。
 まだ面接の途中だけど、元締めはどうやら彼の事が気に入ったらしい。昔から何度も思ってた事だけど、元締めってなんでこう簡単に──そう、まるでノラの犬猫拾ってきちゃう子供みたいに、大事なはずの組合員採用をあっさり決めちゃうのかな? まぁ……その中で役立たずだったって人は数える程しかいないから、元締めの第六感というか、観察眼や判断力は神懸かってると言えなくもないんだけど。
 まさかとは思うけど……笑えるから、とかいう理由じゃないでしょうね?

「ありがとうございます!」
 彼が椅子から立ち上がって大きく頭を下げる。
「家出……ぷっ……家出中なのだから、身を置く場所もないだろう? ウチには寮もあるから、そちらの手配も必要だね?」
「お手数お掛けしますが、ぜひよろしくお願いします」
「よろしい。ファニィ、管理部で彼の正式加入手続きを。それと寮の部屋を用意してやってくれ」
「はい、承りました」
 こういった正式な場では、あたしも元締めにちゃんと敬語を使う。誰もいない時は親子のタメ口なんだけどね。
 あたしは席を立ち、元締めの手から彼の誓約書を受け取った。そして彼の元へと歩み寄る。
「あたしはファニィ・ラドラム。組合補佐官です。手続きするのでついてきてちょうだい」
「よろしくお願いします」
 あたしより頭一個分背の高い彼は、あたしに対して深々と頭を下げる。刺青と肌の色のせいで厳めしく見えるけど、実際は結構礼儀正しいみたい。実はいいトコのお坊ちゃんだったりして。
 あたしは誓約書にもう一度軽く目を通した。
 タスク・カキネ。年齢は二十歳。あたしより二個上なのか。質疑応答の受け答えなんか落ち着いてるし、もうちょっと上かもって思ってたわ。

 ←目次 2→