砂の棺

白い砂と高い岩山に囲まれた国、ウラウロー。
傭兵を生業とする青年カルザスは、ある日、謎めいた美麗な詩人シーアと出会う。
この者との出会いをきっかけに、ウラウロー全土を巻き込んだ、過去から連なる歴史と秘密が紐解かれていくのだった。

なろう版

     4

「鐘楼のところに部屋があるから、そこに隠れてなって」
 ジェレミーに案内されるまま、教会の裏手から教会内へと進入するカルザスとシーア。
「上の部屋って狭いから、オレは礼拝堂にいるよ。兄ちゃんたちはゆっくり休んで」
「ありがとうございます。ジェレミーさん」
「ジェレミーでいいよ、カルザス兄ちゃん」
 人懐っこい笑みを浮かべ、ジェレミーが蝋燭をカルザスに手渡す。
「あ、ここ。中庭に面してるんですね」
 月明かりに照らされた中庭の、ささやかな花壇が見える。わざわざ土を入れて心を癒す花を植えているのだろう。そしてその花壇の隣にはシーア・セムとセルト・セムの墓。
「シーアがあそこにいる」
 ぽつりと呟き、シーアは片手を耳に当てる。そこには奴がいつも身に付けておる硝子細工の耳飾りがあった。幾つもの輪を合わせたような造りのそれは、風になびけば僅かに揺れ、心地よい音を奏でるのだ。
 以前、男装時には外しておったが、今はつけておる。
「……ジェレミー、カルザスさん。ちょっと待ってて。すぐ戻る」
 シーアは窓を開け、そこから内庭へと飛び出した。
「あ、待ってください」

 内庭の隅。シーア・セムの墓石の前で、シーアはじっとそれを見下ろしている。
「外に出るなんて危険ですよ」
「やっぱりシーアに渡そうと思って……」
 カルザスが首を傾げておると、シーアは片方の耳飾りを外した。それを墓石の前に置く。
 無言のまま墓石を見つめているシーアだが、その横顔には、つい先日、見掛けた時のような安らぎの表情はない。どちらかといえば、憂い、今にも嗚咽が漏れそうといった様子だ。
「……おれからシーアへの……最初で最後のプレゼントだったんだよ」
 ほう。そのような大切なものだったのか。
 しかし俺が夢で見たセムは、同じものを身につけてはおらんかったはず。男から女への、装飾品のプレゼントだ。照れて渡しあぐねておったのか?
「シーアは白とか透明感のある青とか、そういった色が好きだったんだ。いつも眩しそうに、おれを見ていた。笑う事を苦手として、俯いたまま歩く事しか知らなかったシーアが、おれといる時だけは上を向いて、控えめだけど笑顔でいてくれたんだ。だからおれはいつでも一緒だって言いたくて、この透明な硝子の耳飾りを選んだんだ」
 残ったもう片方の耳飾りを指先で弄びながら、シーアは目を細める。
「シーアは一度もこれに触れる事なく、おれの前からいなくなっちまった。これを買った日に……シーアに対するおれの気持ちをこめて渡そうって思ってた日に……シーアは死んだから……」
「そう……なんですか……」
 カルザスは気まずそうに顔を伏せる。
「一つずつ、持ってような。おれとお前はいつでも二人一緒だから。大事にしろよ、シーア。おれはずっと大切にするから。これがある限り、いつでもお前の傍にいる」
 指先で耳飾りを弾き、夜空に澄んだ音色を響かせる。
「行こ、カルザスさん」
 シーアがカルザスの肩を叩く。
 奴に促されたカルザスは、その顔を見返してやる事ができなかった。俯き加減にシーアの隣を黙って歩くだけだ。
明るい声で促されるものの、唇を強く噛み、必死にその想いを堪えるような辛そうな表情は、とても正視できるものではなかったのだ。

 ←3 5→