砂の棺

白い砂と高い岩山に囲まれた国、ウラウロー。
傭兵を生業とする青年カルザスは、ある日、謎めいた美麗な詩人シーアと出会う。
この者との出会いをきっかけに、ウラウロー全土を巻き込んだ、過去から連なる歴史と秘密が紐解かれていくのだった。

なろう版

     2

 日除けフードを深く被り、カルザスは風に紛れて口の中に入り込んだ砂を、唾液と共に吐き出す。
「……大丈夫? まだ傷口が塞がってないのに、無理させてるから心配で……」
「大丈夫ですよ。ちょっと暑いなぁって思ってただけですから」
 カルザスは片手をひらひらと振って、乾いた声で笑って見せる。
 フン、やせ我慢しおって……。
 日除けの白い布を砂混じりの風になびかせ、シーアは困惑したような表情をカルザスに向ける。本気で心配しておるようだ。
 周囲は見渡す限りの、灼熱の白い砂漠。時折黒い岩を見かけるが、日差しを避けられるだけの大きさはなく、それらは邪魔であるだけのように感じるが、道しるべの代わりとなっているので、全くの無意味という訳ではない。
 カルザスの隣に並び、歩調を緩めるシーア。奴なりにカルザスに気を使ったのだろう。
 追っ手の事を考えて、さっさと別の町に逃げ込みたいのだろうがな。

「えっとー……そういえば、シーアさんにお伺いしたい事がありました」
 暑さから気を紛らわせたいのか、疼く傷の痛みを会話で忘れたいのか、カルザスは能天気な声音で問う。本来なら、口を開く事すら辛いはずだが。
 こやつがこういった無神経な無理をするから、シーアもいらぬ心配するのだ。まったくこの男は鈍いのか鋭いのか、相変わらずよく分からん奴だ。
「ずっと聞きそびれていたんですけど、シーアさんって偽名ですよね? 本当のお名前は何とおっしゃるんですか?」
 そういえばシーアとは女名だ。普段女の詩人を装っており、今もその姿をしておるせいでさほど違和感を抱きはせんかったが、こやつの正体は男なのだ。男名の本名があってもおかしくはない。
「……シーア。シーア・ティリ。それが私の名前よ」
 微笑を浮かべ、シーアは風に舞う髪を押さえる。
「シーアといえば女性の名前ですよ? シーアさんって、本当は男性なのですから、本当の名前があるはずですよね?」
「女として育てられたって言ったでしょ。だからシーア。それが私の名前」
 吐き捨て、口を紡ぐ。明らかに嘘だと分かる仕種だ。これが他の問いならば、もっと上手くはぐらかしているだろうが、なぜ名前ごときで、簡単に頭に血を上らせる必要がある?
「……すみません。ちょっと好奇心が強すぎますね、僕」
 拳を握り締め、鋭くカルザスを睨み付けてくるシーア。その瞳には憎しみのような殺意が浮かんでいた。だがすぐにそれは消える。
 口を堅く引き結び、不機嫌そうな顔をしたまま立ち止まり、込み上げてくる怒りを堪えるように両拳に力を込めている。
「……好奇心だけで他人の過去を引っ掻き回すなよ。おれは昔の事、あんまり詮索されたくないって言ったはずだよな? おれはシーア・ティリ。それで充分だろ」
 本来の男口調に戻る程、触れられたくない過去でもあるというのだろうか? 暗殺者であるという過去自体、今のシーアには触れられたくないものなのかもしれんが……。
 やめるとは言ったものの、まだ奴は暗殺者である自分と、やめたいと葛藤する自分との狭間で戸惑っておるようだ。事実はそう容易く変える事はできんからな。

 シーアは鬱陶しそうに髪を払い、ふいと顔を背けて歩き出す。が、すぐに立ち止まって周囲を見回した。
「あの……どうかしたんですか?」
「……蹄……かしら? 砂を蹴る音が聞こえるわ。カルザスさんは聞こえ……る訳がないわね。私ほど耳はよくないでしょう?」
 シーアは肩を竦め、地平の彼方に目を凝らす。
 女の口調に戻っているが、その鋭い眼差しは詩人としてのものではない。
 俺の、いや、カルザスの耳には何の音も聞こえん。シーアの幻聴ではないかと思ったが、奴の聴力を侮る訳にはいかんな。詩人であり、暗殺者なのだから。
 しかし蹄の音とは不吉だな。砂漠の移動手段に馬を使うのは、商人か盗賊だけだ。
 商人が馬を使うのはよほどの急ぎの用である場合が多く、荷物を運ぶ時は大抵ラクダや砂を走るソリを使う。その方が効率がいいからだ。
 ゆえに砂漠で聞く蹄の音といえば、十中八九、盗賊であると考えてよい。
「あっちに。たぶん盗賊ね」
 シーアの指差す方角には、胡麻粒大の影が見える。まだ随分と距離はあるが、こちらは徒歩である上に怪我人だ。隠れようにも、周囲は凹凸のない一面の砂の海。さて、どうしたものか。
「応戦するしかないでしょうねぇ」
「そうね。でも私の仲間じゃないだけマシかもね。暗殺者だったら……」
「暗殺者はシーアさんの仲間じゃないですよ。シーアさんは詩人さんですから、詩人さん仲間だと賑やかで楽しいでしょうねぇ」
 カルザスが言うと、シーアは驚いたように目を見開き、そして薄く微笑む。
「そうだったわね。ありがと」
 カルザスは痛む右腕を擦りながら、マントの裾を背に払って臨戦体勢を整える。
「何とか頑張って追い払ってみますから、シーアさんはどうにか逃げ回っててください」
「私なら大丈夫よ。自分の身一つくらい自分で護れ……」
 シーアはそう言い掛け、口許を押さえる。そして小さく頭(かぶり)を振った。
「……怪我してるんだから無理しないで。私、ひょこひょこ逃げ回るのは得意だから」
「はい。僕なら大丈夫です。昨日より痛みは和らいでますからね」
 そうなのだ。シーアに刃を握らせてはならんのだ。できる事ならもう二度と。
 盗賊の力量にもよるだろうが……苦戦は免れぬな……。

 ←1 3→