LOST PRINCE

「死を意識するなんて何度目だろう?」
スラムで育った少年フェリオは、腕の中で冷たくなってゆく少女を抱きしめながら、そう思う。

豪胆な女性マーシエとの出会いが、
スラムの孤児であったフェリオの運命を大きく変える。




なろう版   カクヨム版


    狂気の瞳

     1

 夕食はいつもより多く食べた。早く大きく立派な体を手に入れたくて。しかしそうする事によって、余計にオーベルに目を付けられるのではないかとの不安も膨れ上がった。彼は自分の自由になる体を欲している。おそらく、いや間違いなく、彼の魔術でなら、フェリオの体を乗っ取る事など、容易い事なのだろう。
 満腹になった腹を擦りながら、フェリオは片付けをしているジョアンに何気なく声を掛けた。
「ジョアンさんはいつからメイドをしているんですか?」
「私ですか? 十年ほど前……つまり先の戦を機にオーベル軍へ下ったのです。父も母もオーベル殿下を支持しておりましたから」
「ジョアンさんのお父さんとお母さんは、今はどうしてるんですか?」
 ニコリとジョアンは微笑み、目を細める。
「私を庇い、亡くなりました。デスティン殿下の兵に殺され、私一人が生き残りました」
「あっ……ごめんなさい。弟さんも亡くしてるのに……」
「いえ。気になさらないでください」
 ジョアンは食器をワゴンに乗せ、カラカラと扉の所まで押す。そして振り返ってフェリオに一礼した。
「では片付けて参ります」
 彼女はワゴンの横をすり抜けて扉を開き、そのまま表情を険しくする。どうやら扉の向こうに来客がいるらしい。
「フェリオ君にご用でしょうか?」
「あ、ああ……その……」
 声から、扉の向こうにいるのがマーシエだと分かり、フェリオは複雑な表情になった。もう一度話し合えば分かり合えるかもしれないが、もし襲われでもすれば。
 その迷いが彼に緊張をもたらした。
「今は食後の休憩中です。どうかお引取りを」
「すまない。じゃあ……出直すよ」

 マーシエが行ってしまう!

 フェリオは声を張り上げた。
「ジョアンさん! 僕、マーシエさんと話をするよ」
「では私が戻ってから……」
「二人で話すから」
 反論したいのか、しばらく何かを言い淀み、ジョアンは二人を見比べる。そして──
「マーシエ様。ご無礼と承知でご意見させていただきます。お話の間、剣をお預かりさせていただいてもよろしいでしょうか?」
 彼女から武器を取り上げるという判断を下した。マーシエもジョアンの言葉に戸惑いながら、腰の剣に手を当てる。
 彼女は騎士であり、剣を手放すという事は、騎士の誇りを手放すのと同等の意味があったのだ。
 彼女はかなり迷ったようだが、パチンと剣帯を外して鞘ごとジョアンに剣を手渡した。
「大切にお預かりさせていただきます。ご用が済みましたら、お声掛けください」
 ジョアンが出ていき、代わりにマーシエが室内へと入ってきた。
「フェリオ」
「剣を手放すのは騎士としてありえない事だって、昔、父さんから聞いた事があるよ」
「こうでもしないと、あんたの信用は得られないと思ってね」
 ぐっと胸が熱くなり、フェリオはマーシエを見つめる。
「フェリオ。オーベルの事だけど……」
「僕の体をって事ですよね?」
「ああ」
 マーシエは両膝をついて両手を胸に置き、頭を垂れた。その服従のポーズに、フェリオは驚いて目を白黒させる。
「マ、マーシエさん?」
「あたしはもう、オーベルの言いなりにはならない」
 きっぱりと断言した。
「オーベルの言ったように、フェリオの体を奪わせるような命令には絶対に応じない。騎士が膝を折るのは主君と認めた者にだけだ。フェリオはもうただの影じゃない。あたしの主君だ。だからあたしを信用してほしい。フェリオに冷たい態度を取られていて、心が凍てつくくらい辛くなったんだ。あたしの中であたしの仕えるべき主が、オーベルからフェリオに変わっていたんだ。頼む。あたしを信用してほしい」
「待ってください! 待って!」
 泡を食ったフェリオは、思わずマーシエに走り寄って、彼女の肩に手を置いて顔を上げさせた。
「何を言ってるんですか? 僕はただの影で、スラムの孤児じゃないですか。マーシエさんが膝を折るなんておかしいです」
 顔を上げた彼女は泣いていた。
「全て話すよ、聞いてくれるかい?」
「う、うん……」
 そう前置きし、彼女は語り始めた。


   ←10-3 2→