翼が見た灯り

ちっちゃな天使とちっちゃな男の子とのちっちゃな冒険。
彼女の想いは伝わるの?
彼の想いはどこにあるの?


なろう版


     6

 仮初の恋のような、淡いピンクの丸い花弁と、羽毛のような柔らかな葉の形が、空想上の天使の姿に似ている事から、この花は通称「天使草」と呼ばれています。西方のごく一部の地域にだけ咲く、可憐で儚い花。刹那の時しか輝けない、小さな花。
 儚く可憐に生きる、彼女≠ノそっくりなのです。
 彼女は自分の生き様にそっくりなこの花と、同じ名を得ました。だからこの花を、彼女の想う彼のところへ届けてあげたい。
 少し乱暴な風が、花弁をむしり取って空へ舞い上げました。花弁は風に乗って、彼女の想いをはらんで、彼に届くでしょう。これで少しは彼女の手助けになればよいのですが。
 私がしてあげられる事はこのくらいしかありません。私は全ての命を見守る事しか、許されない存在だから。
 背の翼を大きく広げ、私は天へと舞い上がりました。これで 我が子 の一人との、永遠の別れです。
 想いを、遂げなさい……エイミィ。

 ←5