LOST PRINCE

「死を意識するなんて何度目だろう?」
スラムで育った少年フェリオは、腕の中で冷たくなってゆく少女を抱きしめながら、そう思う。

豪胆な女性マーシエとの出会いが、
スラムの孤児であったフェリオの運命を大きく変える。




なろう版   カクヨム版


    兄弟の再会

     1

 じりじりと気持ちが逸る。扉の遠くから聞こえる音が、徐々に近づいてきているのが分かると、さらに焦燥感に駆られた。
 息をするのにも気を使い、フェリオは胸を押さえて必死に気配を殺す。
「これで最後か?」
「行き止まりじゃないのか?」
 扉のすぐ外で音がする。フェリオはぶるっと身震いした。
 キンキンと、おそらく剣の先で周囲の岩壁を叩いている。念入りに隠し扉でもないかを探っているのだろう。
 誰かの剣先が、扉を叩いた。明らかに他とは違う音に、外の者たちは気色ばんで声を掛け合う。
「何もないが……音が違ったな」
 何度も何度も剣先で扉を叩く。そしてついに、誰かがこの部屋が魔術で隠されている事を突き止めた。
「魔術で見えなくなっているのかもしれん。そのまま岩を叩き潰すつもりでやれ」
「はい!」
 剣を振って、扉が、鍵が、叩き壊される。そのままデスティン軍兵士は扉を空けた。
「やはり部屋があったか」
「空の……部屋?」
「こんな狭い隠れ家で、物置でもない部屋か? しかも魔術で隠してまで。怪しいな」
 どうやらオーベルの言った通り、室内は空洞に見えているらしい。兵士たちは扉のすぐ外で訝しんでいる。
「待て。オーベルは魔術師だ、まやかしかもしれん」
「ハッ! ではこの部屋は……」
 兵士の中でも発言力のある者がいるのか、オーベルを魔術師だと見抜いた者に従うように、他の兵士は背筋を伸ばす。
 フェリオは息を殺しつつ、そうっと彼らを覗き見た。そして息を呑む。
 廃屋で出会ったデスティン軍の兵士、煤けた金髪と赤銅色の瞳を持つ彼がそこにいた。一度会話をしている彼に見つかってはいけない。次はないと脅されていたのだ。
 フェリオはますます体を小さくして、台の陰に蹲る。
 煤けた金髪の彼は剣を持つ手を伸ばし、周囲を探るようにゆっくりと振り回した。

 コン──カラン

 入り口の傍に立てかけてあった箒が転がる。すると彼はニヤリと笑った。
「オーベル。魔術で姿を隠しているんだろう? おとなしく術を解け」
 彼が勢い良く剣を振るった。剣はパーティションカーテンを切り裂き、入り口付近の他の道具を叩き落とす。
「ふっ……ははは!」
 クッションの上のオーベルの首は高らかに笑い出した。
「そこか、オーベル?」
「手の内を知られている貴様に、幻惑の魔術は通用せんか。末端の兵士だけなら誤魔化せたかもしれんがな」
 フェリオは気が気でなかった。まだ術の効果が発揮されているのか、彼らが自分やオーベルの姿を認識できている訳ではなさそうだが、見つかるのはもう時間の問題だった。
 姿が見えないオーベルと、煤けた金髪の彼だが、どうも親しげだ。フェリオは身を強ばらせつつ、彼らの会話を盗み聞く。
 そうしていると、外から誰かが駆けてくる音が聞こえてきた。相手の援軍かと思ったが、その足音の主は迷わず室内へと入ってきた。
「デスティン! 逃すか!」
 猛り狂った女性の怒鳴り声。マーシエだ。
 そして彼女の叫んだ名に、フェリオはあやうく声をあげるところだった。

 デスティン──マーシエはそう言った。
 廃屋で親しげに話しかけてきて、銀貨まで持たせてくれた彼がデスティンだというのか?
 オーベルと似ているかと問われれば、似ていなくもない。しかし屈強な彼と、首だけのオーベルでは、あまりにも印象が違いすぎて、フェリオには彼らが兄弟だとは思えなかった。
 それほどオーベルの姿は異質なものに変化しているのだ。

 髪を振り乱したマーシエは、声の限りに叫んだ。
「デスティン! 逃しはしない!」
「マーシエ? なぜお前がここにいる? それにその手はどうした?」
「黙れ! あんたの首、今ここで貰い受ける!」
 威勢よく叫び、マーシエは剣を構え、デスティンに斬りかかった。


   ←11-3 2→